【在宅事例】いま、自分にできることを積み上げる-Aさんのはなし

with コメントはまだありません

manabyで在宅訓練をしているクルーさん、そして在宅就労(テレワーク)を実現した元クルーさんへのインタビューを行いました。今回は在宅就労(テレワーク)を実現したAさんのおはなしです。
(私たちはmanabyを利用される方を自分らしい働き方を一緒につくっていく仲間として「クルー」と呼んでいます。)


得意を活かして在宅就労を実現

Aさんは、自動車部品を販売する会社でECサイト用の画像加工やバナー制作、HP更新の仕事をしています。障害者雇用枠ではなく一般の求人でしたが、自身の障害をオープンにして働いています。自分が学んできた技術を活かせる仕事があるとmanabyの支援員から紹介され、入社して1年が経ちました。

Aさんにはパニック障害がありましたが、現在はほぼ寛解しています。
発症は公認会計士を目指して頑張っていたころのことでした。一次試験を通過し、二次試験に向けて勉強に取り組んでいるときに体に異変が起きたのです。机に向かっても気分が悪くなってしまい、人混みに出ると疲れるようになりました。電車に乗るのもつらく、休むことしかできなかったと言います。しばらくは不安定な体調との闘いでした。

医師と相談しながら薬の量を増やしていったあるとき、「もう少し外に出てみよう」と思えたそうです。そんなときに検索して見つけたのがmanabyでした。

心強い仲間の存在

Aさんは公認会計士への挑戦から気持ちを切り替えて、manabyで学ぶことを決めました。

在宅訓練ができると知って興味を持ったmanabyでしたが、支援員からは「Aさんならできるはず」と通所訓練を勧められました。電車もそれほど混んでいなかったので、通ってみることにしたAさん。事業所でHTML/CSS、Photoshop、illustratorなどを学びました。

「スタッフが一緒に考えて応援してくれるので、自分のできることをやってみよう、と思えるようになった。一人じゃない、と感じました。心強いですね。」とAさんは言います。

健康に働き続けるために

現在Aさんは自宅で週に5日働いていますが、体調を崩すことなく仕事に集中できています。
「多くの人とのコミュニケーションに疲れてしまうところもあったので、在宅で働くことで、自分にとって程よい距離感を維持できるとも感じています」

一方で、意識をしないと家に籠りがちになってしまいます。Aさんは、運動不足解消もかねて毎朝30分近所を散歩し、太陽の光を浴びるようにしているそうです。また、腰を痛めないように椅子に姿勢補助器具を使うのも、快適に働くためのポイントです。

いま、自分にできることを積み上げること

社会の状況で思うようにできない、他人のようにはできない、と悩む方がいるかもしれません。自分の目指す働き方を実現するのは難しいと思うこともあるでしょう。
「いま、自分にできることを積み上げていくことが、きっと自分らしい働き方につながる。自分もそうだったから」と、Aさんは力強く語ってくれました。

そしていま、Aさんは働きながらファイナンシャルプランナーの勉強をしています。すでに2級の資格を取得して、さらにその上を目指して頑張っています。

「障害者が直面するお金の相談に乗れるように、困っている人の役に立ちたいと考えるようになりました。そんな仕事もしていきたい。仕事はひとつでなくてもいいですよね。」

Aさんの挑戦は続きます。


2020年4月取材