【仙台】manabyのクリエイターたちによる作品展覧会開催(2/20から)

(昨年の展示作品)

2020年2月20日から、仙台にてmanaby利用者による作品展覧会を開催します。

本展覧会は、2019年3月に、manaby利用者の訓練成果や表現活動の“発表の場”として初めて開催しました。3度目となる今回は、仙台市青葉区「kurax salon(クラックサロン)」の協力を得て、初めての外部スペースでの開催ととなります。manabyの障害者就労移行支援、就労継続支援B型、一般サービスを利用する有志がプロジェクトに参画し、出展メンバーは展示テーマや空間づくりから主体的に企画・準備を進めています。この展覧会に取り組むメンバーは、お互いの表現や世界観を尊重し、認め合いながら、対話しつづけています。出展されるのはイラスト・写真などジャンルもテーマもごちゃまぜな展覧会です。ぜひクラックスサロンにお越しいただきご体感ください。

Jam~好奇心をつめた虹色の展覧会~(入退場自由/鑑賞無料)
日時 :2020年2月20日(木)~27日(木)10:00-20:00
場所 :kurax salon(クラックスサロン)
    仙台市青葉区一番町3丁目3−1 kurax仙台(ショッピングモール)6F
出展者:就労移行支援manaby / 就労継続支援B型manabyCREATORS
    一般利用サービスmanabyWORKS利用者
出展物:イラスト、写真、立体造形物、小説、創作音楽など
共催 :Jam実行委員会、株式会社manaby
運営メンバーコメント:
”Jam”(ジャム)には『色々な物を混ぜて詰め込む』という意味があります。参加者や作品の種類も様々な私たちの展覧会にぴったりだと、この名前をつけました。「自分の表現を誰かにみてもらいたい。でもどうすればいいんだろう?」という共通の想いを持つ私たちは、自己発信が苦手だけれどもお互いを尊重し、手探りでこの展覧会を作ってきました。3回目を迎えたこの展覧会は、初めての外部開催となります。イラスト・写真などジャンルもテーマもごちゃまぜな展覧会。自分らしさを探求するメンバーたちがつくり上げる”Jam”の世界観を感じていただけたら嬉しいです。