就労移行支援とは?

利用までの流れ

STEP1

お問い合わせ

まずは通える範囲で自分に合いそうな事業所を探し、Webサイトや電話で連絡をします。そして、興味があれば見学の日時を決めます。働き方についての希望や、現在困っていることなどを伝えると、見学の際に支援員からのアドバイスを受けることが可能です。

STEP2

見学・相談

事業所の雰囲気や支援内容について、実際に訪れて確認しましょう。manabyでは、就職に対する想いや不安などをお伺いしながら、どうしたら実現できるのか、解決できるのかを一緒に考えていきます。就労移行支援の利用対象となるかどうか、利用料金が発生するのかなどが気になる場合は、早めにお住まいの市区町村の障害福祉課などに問い合わせるとよいでしょう。

STEP3

体験

manabyでは、利用前に訓練を数回体験していただきます。訓練で使用するeラーニングを視聴したり、事業所のレクリエーションに参加したり、ご希望を伺いながら体験日を設定します。

STEP4

受給者証申請(お住まいの市区町村の障害福祉課等)・計画相談

利用する気持ちが決まったら、お住まいの市区町村の役所の障害福祉課などに就労移行支援を利用したい旨を伝えてください。書類を準備して、障害福祉サービス受給者証の申請をします。
利用申請時には「サービス等利用計画」が必要になります。この書類は計画相談支援を行う「指定特定相談支援事業者」が作成することが前提とされていますが、地域によっては事業者の数が足りないため、自分で計画書を作成する「セルフプラン」が認められていることもあります。申請の際に、合わせて窓口でご確認ください。なお計画相談支援の利用は無料です。役所の職員による「障害程度区分の認定調査」が行われ、サービス支給の決定について検討されます。

STEP5

利用契約

障害福祉サービス受給者証が発行されたら、事業所との利用契約を行います。

STEP6

利用開始

事業所で面談を行い、職員が「個別支援計画」を作成します。定期的に面談を行い計画を見直しながら、計画に沿って就職を目指します。